鹿島小学校閉校式に参加して|西村武博

258

1997年6月

 

 

 鹿島小学校閉校式に妻といっしょに行きました。

 

 生まれてから高校まで、大夕張で暮らしました。昭和32年生まれです。

 

 湖に沈むと思うと、故郷が亡くなる実感がひしひしと込み上げ、閉校式の後、町のあちこちを見て周りました。

 

 少ない在校生による鹿島の歌は、出席者の多くに感慨を与え、ハンカチを目に運ぶ人も多かったです。

 

 閉校式の駐車場となったグラウンドには、いっぱいの車がとまりました。

 

 私の車が誘導された場所は、ちょうどピッチャープレートの前でした。

 

 小学生の時、野球クラブでこのプレートを踏み、いっぱい汗をかきました。

 

 池田屋さんのおばちゃんは、私の同級生のお母さんに当たり、お世話になった記憶があります。息子さんとは、野球部の仲間で親しくしていました。

 

便所場球場』を投稿された岡本さんも同学年で、代々木アパートの向かい側4階同志で、やはり野球をして遊んだ記憶があります。

 

正直言って、さみしい気持ちでいっぱいになりました。

母の亡くなった病院は、もうありませんが、手を合わせて来ました。

 

(1997年7月5日 記)

 



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 2 =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here