大夕張つれづれ■北海道弁■|高橋正朝 #3

3380

昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。


私が大夕張に住んでいた例年の今頃の季節(11月)は、 初雪が降るか降らないか、 という時期でした。 

 
以前に比べると、 北海道も気温が高くなってきているようですが・・・・・・ 
真冬に風呂に行き、 風呂屋からでて3分ぐらいすると手拭が固まり始め、棒状になった手拭で友達とチャンバラごっこしながら家に帰っていたものです。

目を閉じるか閉じないかぐらいに薄目にしていると、 マツゲがネッパリそうになるくらい寒いところでした。 


ネッパル というのは、 北海道弁なのでしょうか ? 他では聞いたことがありません。

 
チョス という言葉は北海道弁は、 英語のチョイスからきている北海道弁だと、 東京で英語の先生から聞いたことがありました。

その先生は、 英語を語源とした北海道弁をいくつかあげましたが、 チョス以外は忘れてしまいました。

私自身、 北海道弁そのものを忘れかけているものですから・・・・・・

走ってきて、 「 こわかった 」と発する言葉も、 北海道以外の人達は、「 怖かった 」という意味にとり、 決して 「 疲れた 」の意味にはとらないようです。

2006/11/04 _ 09:24:45


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

11 + eight =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ