大夕張つれづれ■長子としての沽券■高橋正朝 #9

2093

 私が鹿島東小学校5年生のとき、小学校3年生だったすぐ下の妹に、夏休みのワークブックの国語で、漢字の読み方を訊かれました。

「 意見 」を「 イミ 」と教えました。

 夏休みが終わり、8月下旬か9月の初めごろ、「お兄ちゃん、ウソ教えた」と言われてしまいました。

 鹿島中学3年生の冬休み、ワークブックを開いていました。   
 美術の項目である絵が写真で載っていました。

 それは、 ピエート・モンドリアン の作品で、題材は「 木 」です。

 具象画、半具象画、抽象画 を同じ題材「 木 」で並べた有名なものです。

 4歳年下の、鹿島東小学校5年生の弟が、同じちゃぶ台で勉強していたのですが、私の開いていたページを見て、「お兄ちゃん、遅れている」と言われました。

 何と、弟の冬休みのワークブックにも、同じものが載っているではありませんか・・・・・・ 

 4歳年下の弟のワークブックと私の持っていたワークブックの内容の一部が同じなのは、私のせいではありませんが、爾来、何となく4人兄妹弟の長子としての私の沽券はありません。


高橋 正朝 ( たかはし まさとも ) 2009/12/30 _ 10:06:51


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

18 − ten =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ