大夕張つれづれ■再・暗夜行路■|高橋正朝 #10

863

 2008年5月18日に、 このホームページに書き込みましたが、 昨日、志賀直哉の「暗夜行路」を再読しました。
 結論からいうと、これが何故名作なのか、今回も理解できない。

 志賀直哉の別な小説、例えば、「赤西蠣太」や「清兵衛と瓢箪」などは起承転結はハッキリしていて面白く読めますが、「暗夜行路」は暗い題材ということを認識していても、いまひとつ名作である由縁は理解できない。

 この本を繰り返し読みましたが、多分、これで最後でしょう。

 理解は出来なくても、鹿島中学校2年生のときに国語を教えてくれた、菊池 先生のひとことで、小説を読むようになり、辞典で漢字や言葉を調べる面白さを知ったのは、この「暗夜行路」のおかげです。


高橋 正朝 ( たかはし まさとも ) 2009/12/30 _ 10:46:48

昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − eight =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here