大夕張つれづれ■夢物語■高橋正朝 #15

976

 前回の書き込み、「 海底人8888( ハヤブサ )」と書きましたが、「 海底人8823( ハヤブサ )」と書くべきを間違えてしまいました。ごめんなさい。

 ウエブでチェックしたみたら、「 海底人8823 」が主題歌付きで出ていました。「 エイトマン 」や「 七色仮面 」などもあり、便利な世の中になったものです。

 因みに私は今タイのバンコクに住んでいます。去年の11月末に働くのをやめました。

 1981年に初めてリビアで海外での仕事をやり、その後、アルジェリア、イラク、サウジ、中国、台湾、そしてタイ、と殆ど海外で過ごしました。

 まさかこんなに長く海外で仕事をするようになるとは思わなかった。   
 職種は電気工事です。   
 年金生活に入ってタイで過ごそうと思う人がいましたら、メールをくださればアドバイスします。

 東小学校4~6年生、鹿島中学校3年生、夕工高土木科1年生のとき、 同級生だった内田幸夫さんは、小学生のころ、帰り道で、ブラジルに移住する夢物語を何回も話していました。

 あの頃は、 海外に行くということは大夕張の田舎じゃ本当に夢物語でした。

 私は夕工高から札幌工高に転校し、2年生の3学期に中退し、東京にでて、 2年ほど漫画家のアシスタントをしていたことがあります。

 夜昼逆転の生活が厭になったのと、才能がないので諦め、電気工事会社に入り、定時制高校に通い始めたとき、内田幸夫さんとバッタリ道路で出くわしました。何と、私が働いていた会社の寮から50メートルぐらい離れた所で働いていました。そこは彼の職場の寮でもありました。

 私はその後会社を変り、1年ぐらい後に彼の職場に行ったら、すでに退職した後でした。相互に居所不明になりました。

 彼はパソコンはやらないのですが、このホームページがきっかけで、人づてにに居所がわかり、私が一時帰国したおりに札幌に行ったときは会っています。

 再会したときは35年ぶりでした。

 彼の家に行って、彼の子供の頃のブラジル移住の話をすると、「 お金さえ家に入れてくれれば何処へ行ってもいい 」 と奥さんにからかわれています。


高橋 正朝 ( たかはし まさとも ) 2012/02/13 _ 13:38:06

昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。


1件のコメント

  • はじめまして! いつも楽しく拝読させていただいております。
    海外在住ですか。いいですねぇ。
    自分はまだ若輩者ですが、北海道が大好きでいずれ、移住したいと思っております。
    もちろん、厳しい寒さ、雪かき等、大変なことは承知しております。
    夕張は3回程、訪れております。
    廃れた感はありますが、いいとこだと思います。
    北海道で暮らすアドバイスや色々な人生のアドバイスを
    いただけるとありがたいです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − three =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here