荒川商店の思い出 | 小野美音子

561


 人懐っこい丸顔のおばさんは、いつも笑顔で店番をしていました。

 

 マンボ、くじ、おもちゃの指輪、ジュース、駄菓子など子供には楽しいお店でした。

 母と寄ると、くじをタダで引かせてくれ、それが最近不思議に、思い出され、母に聞くと、千年町あたりでおばさんが友人と会う時、仕事を終え、急ぎ支度で出て来て、途中でお財布を忘れたのに気づき、うちに借りに来ることがたまにあり、それで私にサービスしてくれたのかもね、と懐かしそうに話し出しました。

 生まれて初めて赤い缶コーラを飲んだのも、荒川商店の店先でした。

 不思議な味だったなー。

 飲兵衛さんのおじさんは、たまに酔っ払って寿司折を持ってにぎやかにやってきました。

 寝入りばな「あの、だみ声はおじさんかな?」と布団の中で思っていると、いきなりふすまを開け起こしにきて、

 「さあ、寿司あるから、起きて食べなー!」

 と、まるでどたばた喜劇のようでした。

 
 後にも先にも、お寿司を食べるのに、あんなにハプニングだらけで食べたことは無く、これも大夕張ならではの懐かしい思い出です。

 

 てっかちゃん(てるかずさん)というおばさん似の息子さんと一緒に撮った写真もあり、てっかちゃんがスコップを持ってカメラに向かっておどけ、私が面白そうに見ている写真だったような・・。

 
 あー、みんな懐かしい・・・

(2002年1月19日 記)


思い出ばなし

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + fourteen =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here