大夕張駅前(2014.11.20)|准

2341
平成26年11月 幾多の商店街があった駅前通りが正面に見えた

 

浄水場から、大夕張駅前方面の眺めです。

 
サーチャージ(※最高水位)から6日が経ち、水位が2m程度下がったので、緑町が再び顔を出しました。

 
それでも対岸までは500m以上あるのでしょう。


栄町に築かれた巨大なマウンドが興醒めです。

(2014年11月20日 記)

2件のコメント

  • 私の父はダムは無意味だと何度も話をしてた。そしてその流れにあがなうこともできないと。
    「思い出は退屈な時に書け」父の日記の表紙の言葉だ
    私はその1頁も見てはいない。息子でもそれは許さないことだと思うから。

  • 平成26年(2014)年3月、試験湛水が始まり、最高水位に達した11月、この時、ダムに沈む大夕張の様子を准さんは、当時、どんな思いで見つめていたのでしょう。
    「湖に浮かぶ木々の梢が切ない・・・」
    と、この写真を見たzinyさんは、つぶやきました。
    その思いはみんな共通でしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve + 20 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ