明石町番外地から白銀橋

4854

開拓に向かう白金橋と前岳・夕張岳が重なってみえるこの光景、撮影ポイントでもあるようなこの場所は、「富士見橋」から撮影したもの。

大夕張ダムができたあと、開拓・白金に向かうには、(旧)白銀橋・開拓橋を渡っていった。

大夕張から明石町を過ぎて、左手に曲がる分岐があったが、そのあたりの山の中腹に建設されていたのが、「富士見橋」であった。

言葉で説明するとわかりにくいが、下のマップと、昭和52年の空中写真でこのあたりの様子を見比べてみるとわかる。

だから、この写真より右手に旧白銀橋は沈んでいるはずである。

 

写真の位置情報を示したマップ。

1件のコメント

  • 3月10日の大夕張行。
    記憶の中の大夕張と目の前に見える光景の位置を確かめるために、写真の位置情報をグーグルマップに埋め込んでいきながらの確認作業をしていく。
    「大夕張から明石町を過ぎて白銀橋(旧)の分岐を過ぎたあたりの山の位置にある富士見橋からの景色。」
    もちろんクルマで走っていて上のような意識はまるでない😔笑。

    別世界

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

two × 5 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ