– 大夕張風物 – 色づく山ぶどう

402

– 大夕張風物 - 色づく山ぶどう

画・・・・野 田 淑 雄
文・・・・佐 藤 貞 雄

秋風が吹きはじめると、かえでが美しい色どりをみせるが、遠目にも、いちばん早く赤くなるのが山ぶどうの葉である。

樹木にからみつき、かえでより数倍大きな葉が、木を覆いつくす。葉の間から、黒い粒をつけたかたまりが、ぶらさがっているのを見ると『古里の山』の実感を覚える。

山ぶどうは立ち木にからみついているもの、平地の笹やぶを、どこまでも延びて実をつける『這(は)いぶどう』とあるが、種類は同じ野生。

直径5ミリから小指の先ぐらいまでの大きな粒のものあり、あまずっぱい味が口の中に広がる。

実をつけた茎が赤いものの方が甘味があり、松の木にからみついているものはなおうまい。これを自宅加工してつくったぶどう酒は格別である。

子供のころ、現在進発所に勤務している今勇(49)さんと、いつもいっしょにぶどうとりに行った。当時は、いまの明石町付近までいくと、2時間程でリュックいっぱいとれた。

律儀な彼は、先に見つけても手をつけず、筆者を呼び、いっしょに穫った。穫りながら、食べながら、木の上で話しながらのひとときである。ぶどうの汁で舌が紫色になり、相手の舌がおかしいといっていつまでも笑い合っていた。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × five =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here