大夕張10景(5)白銀橋に憩う

496

大夕張10景(5)白銀橋に憩う

 

岳麓の里

画・・・・伊 藤 清 治
文・・・・佐 藤 貞 雄

いっぱいに水をたたえたシューパロ湖と、残雪の夕張岳を右に見ながら、バスは大夕張へ向かう。湖水が右へ別れる地点へ来ると、前方にクリーム色のしゃれた橋が、湖をひとまたぎしている。白銀(しろがね)橋という。

長さ百十メートルのこの橋は,鹿島,奥鹿島開拓地22戸86人につながる命橋でもある。43年に橋が落ちたあと、昨年秋架け替えられた。ランガートラスト方式といい、半円のアーチが橋げたを吊り上げる永久橋。

橋を渡ってしばらく行くと、児童5人の東小学校奥鹿島分校があり、右に白金川、左に滝の沢がいつも手がきれるような冷たさで流れている。人間関係のわずらわしさからのがれてこの橋を渡る。そこに心の休まる空間が広がる。中傷と誠実の区切り、それが白銀橋である。

(昭和45年5.20)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 18 =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here