大夕張10景(4)山すその街なみ

666

大夕張10景(4)山すその街なみ岳麓の里

画・・・・野 田 淑 雄
文・・・・佐 藤 貞 雄

西側の山にへばりつくように住宅が建てられ南,北に幹線道路が走っているため、住民は悲しいときにも、うれしいことにも東の空にそびえる夕張岳を眺める。

しかし春日町対岸の、磯次郎沢の尾根に立って西を見ると、標高768メートルの、通称三角山のすそに広がる、整然とならんだ炭住の街並みの美しさは立体的であり、牧歌的でもある。

円錐形の三角山は、古い大夕張っ子には懐かしい存在である。スキーツアーに、春はたけのことりにと、住民と密着してきた。

世代は変わったのだろうか。三角山を知らないものが多くなった。でも時には、この山が見える地点に立ってみよう。大夕張の歴史を,この山は語りかけてくれる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty + four =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ