昭和56年 遠幌駅

783

昭和56年11月 


遠幌駅 【奥山道紀】  2000年03月28日(火)21時29分36秒

  遠幌駅の建物は他の駅と異なり北炭からの寄贈でした。

  いまでも駅跡の近くに残る休園中の「遠幌保育園」の建物は 旧北炭遠幌炭鉱の事務所であり、周囲の住之江町や岳見町も 北炭の炭住街でした。

 遠幌炭鉱は早い時期に清水沢炭鉱に統合 されてしまいましたが、駅前には北炭の診療所もあり、また長屋 形式のストアーがあり鹿島通運等の事務所が入ってました。


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

16 − 11 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ