宝沢 冬 2002

1700

宝町の広場、集会所のあったあたりから、岳富町(宝沢)を間に緑町。

町はもうない。

 

標語塔に「人の子もわが子もみんな社会の子」という標語が読める。

それぞれの時代に掲げられたいくつもの言葉が、赤茶色に錆びた標語塔に重なり合って浮かび上がっていた。

唯一読み取ることのできたこの言葉が、地域に向けて発した一番新しく、そして最後の標語だったのかもしれない。

 

のちに、ここから見える緑町あたりに大きなプラントが出来た。

ダム関連の工事が本格化する前の、穏やかで静かな人のいない大夕張の風景。

 

宝町1丁目のあたりから岳富町(宝沢)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

12 + 19 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ