昭和35年 シューパロ川の河原にて

1347

 昭和35年頃。大夕張炭山駅からシューパロ川に沿って、当時は開通していなかった三笠へ向かう未舗装の道路を上流に向かって入った、シューパロ川の河原にて。子どもたちにとっては、陽射しもよく、絶好の水遊び日和。

シューパロ川の川原で水遊び 【飯田雅人】(2020年12月1日)

 夏の日,官行のシューパロ川にご近所の家族と出かけました。たぶん、人数からすると、町内の行事だったのだと思います。父のリクエストでポーズをとらせされている二人。川の流れる音を聞こうとしていたのかな、それとも小鳥のさえずりかな?(笑)。となりに住んでいたやっちゃんとポーズをとっています。

 川の中では、手にシュノーケルらしきものをもった子?それとも魚取りの網を持っているのだろうか。

 この後、おとな達は、火をおこしてみんなで宴会という流れになっていくんでしょうね。

 小学校入学前のこの頃、たびたび、このような町内会の炊事遠足?に参加していた記憶があります。町内会の行事が盛んでした。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × 3 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ