-大夕張風物 – 富士見ヶ丘スキー場

1388

-大夕張風物 -富士見ヶ丘スキー場

画・・・・野 田 淑 雄
文・・・・佐 藤 貞 雄

大夕張の子供は、スキーがじょうずだ。小学校2、3年になると、山神社からの急斜面を直滑降する。両足を開き、両腕を広げ、蛙のような格好で滑りおりる。途中のギャップで体をうしろへそり返らせ、見ている人をハッとさせるが、すぐ体をたて直し、無事に平地までくる。町の高校生なみの技術だというが、すぐそこにスキー場があり、幼児のときからスキーに親しんでいるからだ。

灰色の空、長い冬。しかし、スキーをする者には楽しい季節である。スキーを肩にスキー場へゆく。夕張岳に真向かいに傾斜し、走行距離330メートル、斜度10~25度。

昭和32年1月にとりつけたロープウエーと夜間照明設備、また南側には30メートルのシャンツェもある。このスキー場で全日本の選手やインターカレッジの滑降優勝者らが育てられた。

鹿島のスキー人口は推定3000人といわれているが、そのほとんどが、このゲレンデへ集まる。頂上の鴉(からす)山から、サラサラ粉雪の斜面へ飛び出す。腰をひねり、体重を右、左と移動させると雪煙を長く引いて、美しい曲線が雪面に画かれる。滑りおわってふり返る。赤や黄と色鮮やかなスキーウエアが、斜面に舞うように交錯する。そこに雪空の下の円舞曲が流れ、冬をエンジョイする喜びがある。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

11 + 2 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ