カラスの襲撃 |石原賢治

1294


 小学5年の頃、ソロバンを習っていまして、ある日曜日に鹿島中学校で昇級試験がありました。

 早めに富士見町の家を出て、歩いて中学校へ向かいました。

 
 岳富町を通る時、何を血迷ったのか、歩道の上の擁壁伝いを歩いていました。

 
 そう、鉄道のすぐ脇道を歩いたのです。

 これは、正式な道ではありません。

 
 暫らく歩くと、突然頭の上をかすめる何かに気が付きました。

 
 中学校の制帽をかぶってました。

 周りを見渡すと、カラスの軍団が自分を取り巻いていました。

 下の歩道を歩いていたグループがその状態を見ていたようで、早く逃げて下に降りて来いという声をかけてくれました。

 
 それから一目散で走り、擁壁の低くなった所で下に飛び降りました。

 

 聞いた所、カラスが自分のかぶっていた帽子を狙い急降下し、足で掴みかけたが、未遂に終わった様子。

 以前、子ガラスのことで帽子をかぶった人に恨みが有り、よくいたずらするような事を聞きました。

 
 私自身はそんなことは身に覚えがありませんが、カラスは帽子をかぶった人ということで、しっかり敵対イメージあったのでしょう。

 
 それ以後、カラスを見ると瞬間的にあの時のことを思い出します。

 
 それはさておき、その日のソロバンの昇級試験はどうだったのかは、覚えていません。

 
 それにしてもカラスは多かったですね。

 

(2002年2月6日 記)


思い出ばなし

1件のコメント

  • 岳富町の築堤上の線路脇を歩くコース。一番の近道だったかもしれません。
    長谷川少年が録音した『出発進行!-大夕張駅構内 昭和48年春-』の機関車が出発に聞こえる『カラスの鳴き声』を思い出しました。

    出発進行!-大夕張駅構内 昭和48年春-

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen + 19 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ